電気機械器具卸業界のM&A動向や事例は?メリット・注意点まで徹底解説!

電気機械器具卸業界では、M&Aが活発化しています。M&Aは、後継者問題の解決や事業規模の拡大といったメリットが存在します。自社もM&Aを取り入れることでさらなる事業成長が図れる可能性があるため、M&Aの動向や事例、メリットなどをしっかり把握しましょう。

目次

  1. 電気機械器具卸業界のM&Aの動向
  2. 電気機械器具卸業界のM&Aスキーム(手法)
  3. 電気機械器具卸業界のM&Aの相談先
  4. 電気機械器具卸業界でM&Aを行うメリット
  5. 電気機械器具卸業界のM&A取引相場
  6. 電気機械器具卸業界のM&A・買収・売却事例
  7. 電気機械器具卸業界のM&A実施の際の注意点
  8. 電気機械器具卸業界のM&Aは専門家に相談しよう

電気機械器具卸業界のM&Aの動向

電気機械器具卸業界とはどのような業界でしょうか。どのようなM&Aが行われているのでしょうか。

はじめに、電気機械器具卸業界のM&Aの概要や動向を解説します。

電気機械器具卸業界とは

電気機械器具卸業界とは、冷蔵庫や洗濯機はじめとした家電や、発電機といった工業用機械の製造・販売を行う卸売のことをさします。電気機械器具卸売業界の大手企業は、「兼松エレクトロニクス」「加賀電子」「極東貿易」といった企業が挙げられるでしょう。

上記のような大手企業をはじめとしたさまざまな企業で、M&Aが盛んに活用される動向にあります。

後継者問題解決を目的としたM&A

電気機械器具卸業界では、後継者問題を解決するためにM&Aが実施される動向が見られています。

近年の電気機械器具卸業界では、慢性的な人材不足の傾向にあります。特にAIやloTといった第4次産業革命に対応できる若い人材が少なく、国内のみならず、国外でも優秀な技術者や従業員が不足している状況です。業界の高齢化と、若い労働者不足に伴う後継者問題が生じています。

M&Aでは他社に買収してもらったり、売却したりすることで後継者問題を解決できるでしょう。後継者問題を抱える企業では、M&Aが積極的に採用される動向にあります。

従業員の雇用確保を目的としたM&A

従業員・技術者の雇用確保の目的で、M&Aが実施される動向が見られています。

先述したとおり、電気機械器具卸業界では慢性的な高齢化が見られ、ITに対応できる若い人材が少ないことが問題です。M&Aで会社もしくは事業を買収することで、他社から優秀な人材を獲得しようとする動向が見られています。

売却側としても、後継者問題や雇用の不安定さから優秀な人材を無駄にしない意味でも、M&Aは重宝されています。

規模の拡大を目的としたM&A

会社・事業規模の拡大を図ったM&Aが実施される動向にあります。M&Aでは、先述した後継者や従業員のほか、買収する事業のノウハウや技術、事業エリアまでも承継できます。

ノウハウや技術を承継することで買収企業とのシナジーが生じれば、爆発的に利益が高まる可能性があるでしょう。買収企業の事業エリアを自社に取り込むことで、自社の営業エリアが広まり、顧客のさらなる獲得にも期待できます。

電気機械器具卸業界のM&Aスキーム(手法)

電気機械器具卸業界では、主に以下の2種類のM&Aスキームが用いられる動向が見られています。

  • 株式譲渡
  • 事業譲渡

M&Aを検討している場合、まずは2種類の違いを理解し、自社のM&A動向の参考にしましょう。

株式譲渡

株式譲渡とは、売却側の株主が保有する株式を買収側に売却するスキームをいいます。売却側の株式を一定数、もしくはすべて保有することで、売却側の経営権を掌握します。

株式譲渡は、手続きが簡便かつ売却側の事業に影響をほとんど与えない観点から、ほとんどの企業で採用されているM&Aスキームです。

手続きの簡便さや会社や事業への影響の少なさといった観点からさまざまな企業で採用される株式譲渡ですが、売却側の株主が全員同意しないと実施できないといった注意点が存在します。

事業譲渡

事業譲渡とは、売却側の事業もしくは一部の事業を買収側に譲渡するM&Aスキームです。買収企業は、売却事業を直接的に運営をすることになります。

事業譲渡で自社の事業を売却しても、残った事業や会社は従来通り経営できることが利点です。買収側も売却企業の資産・負債を好きなものだけ承継できるため、余計なリスクを抱えなくて済む面もあります。

株式譲渡とは違い、株主総会の議決で3分の2以上の議決を獲得すれば実施できるため、株式譲渡は比較的簡単に実行できる特徴があります。

電気機械器具卸業界のM&Aの相談先

電気機械器具卸業界のM&Aの相談先を解説します。

M&Aは業界を問わず、専門家への相談のもと、実施されるのが一般的です。ここでは、各相談先の特徴を解説するため、相談したい内容に適した相談先を選択しましょう。

金融機関

M&Aの相談先として、金融機関に相談する手段があります。

近年、金融機関ではM&Aに力を入れている傾向が見られており、専門部署の設置・士業との連携といった動向が見られています。M&A実施に際して融資を受ける場合もあるため、まずは自社に理解がある関係先の金融機関に相談してみるとよいでしょう。

金融機関内部のM&A担当部署がない場合、金融機関の依頼で外部の専門機関に仲介してもらうこととなるため、自社に見合った仲介会社に出会えない可能性があります。

商工会議所

商工会議所も、M&Aの相談先の1つです。

商工会議所は地元企業を支援する機関であるため、中小企業の悩みに対する理解があります。自社の悩みに応じた適切なM&A相談先を紹介してくれる場合があります。

注意としては、商工会議所は直接的にM&A実施のサポートをしてくれるわけではない点です。商工会議所にM&Aの相談をし、そこから商工会議所が適した相談機関につなげてくれる懸け橋のような特徴があることを覚えておきましょう。

無料相談を実施している場合があるため、M&Aの実施や動向に関する基本的な悩みがある場合は、積極的に相談してみるとよいでしょう。

事業承継・引継ぎ支援センター

各県に設置されている事業承継・引継ぎ支援センターに相談する手段もあります。

事業承継・引継ぎ支援センターは国が設置する公的機関であるため、気軽に相談できる利点があります。利用料も掛からないため、相談のハードルが低いことも特徴です。M&Aの具体的な悩みがある場合は、一度相談してみるとよいでしょう。

規模が大きい案件や複雑な案件に対しては、民間の相談先の方が対応できる場合があります。

弁護士・税理士・会計士

自社に顧問の弁護士や税理士、会計士がいる場合、ほかの相談移管より先にM&Aの相談をしてみるのもよいでしょう。

顧問であれば、自社の状況を具体的に把握しているため、より具体的にM&Aの相談ができるメリットがあります。

しかし、士業であってもM&Aは専門的ではない可能性が想定されます。そのような場合は、顧問とかかわりがあるM&Aの相談先や、外部の相談先に話をすることになることは留意しておきましょう。

M&A仲介会社

M&A仲介会社に相談する手段も覚えておきましょう。

仲介会社とは、民間のM&Aの専門家をさします。売却側と買収側の間に入り、中立的な立場から双方へアドバイスを行います。M&Aの専門家であるため、M&A実施の際に相談することで利益の最大化が狙えるメリットがあるでしょう。

しかし、その分、費用や手数料がほかの相談機関と比較しても高い傾向にあります。

仲介会社へ相談する際は、類似した仲介会社やほかの相談機関との費用対効果をしっかり比較・検討し、慎重に相談先を選択しましょう。複数社の無料相談を利用してみて、相談先を決定するのもよいでしょう。

電気機械器具卸業界でM&Aを行うメリット

電気機械器具卸業界におけるM&Aのメリットを解説します。

買収側・売却側それぞれの観点から解説するため、ぜひ参考にしましょう。

売り手側

  • 後継者問題の解決
  • 従業員の雇用改善
  • 売却利益の獲得
  • 債務からの脱却
  • 事業成長・発展への期待

上記で挙げた5点は、売り手側のM&Aのメリットです。

後継者問題の解決は、先述したとおりです。M&Aで新たな経営者をすえることで、事業を廃業させることなく存続させられます。

現状の従業員の雇用が十分ではない場合、M&Aで大手企業の傘下に入ることでその待遇を受けられる可能性があります。従って、従業員の雇用改善が行えるメリットがあるでしょう。

事業もしくは会社を売却することで、売却益を得られるメリットもあります。売却益を元手に新たな事業を始めたり、経営者の引退後の生活資金として活用できたりします。

M&Aで会社・事業の売却を実施する場合、経営者の債務を承継するケースがあるでしょう。負担である個人保証をはじめとした債務から脱却できます。

M&Aで大手企業の傘下に入ることで、さらなる事業の発展が望めます。大手企業のブランド力を獲得できるため、顧客の確保につながるでしょう。

買い手側

  • 短期間での事業成長
  • 事業規模の拡大
  • 事業の多角化や内製化

上記の3点は、買い手側のM&Aのメリットです。

M&Aで事業を買収することで、短期間で事業成長を望める可能性があります。M&Aでは売却側のノウハウ・技術を取り込めるため、そこでシナジーが生じれば短期間での事業成長も難しくはありません。

M&Aで事業の拡大化や多角化、内製化を図ることも可能です。

売却側の営業エリアや設備などを活用できたり、売却側の顧客をそのまま獲得できたりする場合があるため、さらなる顧客獲得による利益の上昇が期待できます。異業種である事業を自社に取り込むことで、これまで外注していた部分を自社内で済ませたり、異業種への新規参入をしたりと多角的な事業成長が目指せます。

電気機械器具卸業界のM&A取引相場

電気機械器具卸業界のM&A相場を解説します。

取引相場

結論からすると、電気機械器具卸業界におけるM&A相場を一概に「これくらい」と判断することは困難です。企業の規模や資本、そのほかの状況に応じて相場は異なるためです。

過去のM&A事例を調べたり、専門家に相談して自社の評価額や相場価格の予想額・見込み額を提示してもらったりして、ある程度の相場を把握したりすることは可能です。

M&Aにおける取引価格が高騰するパターンとしては、会社独自の技術・ノウハウを所持している場合や、優秀な人材を抱えている場合が挙げられます。

売却価格の元となる企業価値の算出方法

ある程度の相場額を把握するとともに、自社の売却価格を算出を行います。

基本的に企業価値算出は、専門家に相談しながら取り組むものです。今回は、売却価格の算出で用いられる以下の概要を解説します。

  • コストアプローチ
  • インカムアプローチ
  • マーケットアプローチ

コストアプローチ

コストアプローチは、貸借対照表上の純資産に着目して企業価値を算出する方法です。

コストアプローチには、簿価純資産法や時価純資産法があります。

  • 簿価純資産法:帳簿の資産から負債を引いた額を企業価値とする方法
  • 時価純資産法:資産・負債を時価換算して、時価資産から時価負債を引いた額を企業価値とする方法

インカムアプローチ

インカムアプローチは、将来的に生み出すとされる利益やキャッシュフローに基づき企業価値を算出する方法です。

インカムアプローチには、DCF法と収益還元法の2種類があります。

  • DCF法:将来的なキャッシュフローから加重平均資本コストを割って算出する方法
  • 配当還元法:配当の期待値を株主資本コストで割って算出する方法

マーケットアプローチ

マーケットアプローチとは、市場における取引価格を基準に企業価値を算出する方法です。

マーケットアプローチには、類似企業比較法と類似取引比準法があります。

  • 類似企業比較法:自社と規模・収益・事業内容などが類似している企業価値をもとに企業価値を算出する方法
  • 類似取引比準法:過去のM&A事例の価格情報を参考に企業価値を算出する方法

電気機械器具卸業界のM&A・買収・売却事例

電気機械器具卸業界のM&A事例を解説します。

先述したように、企業価値を算出するにあたっては過去のM&A事例を参考にする場合があります。M&A事例を知ることで、同業種の会社のM&Aの目的や動向を把握し、自社の経営戦略のヒントになる場合があるでしょう。

ぜひ、最後まで事例を参考にしましょう。

エレコムによるフォースメディアのM&A

最初に紹介するM&A事例は、エレコムによるフォースメディアの買収事例です。

買い手側のエレコムは、デジタル機器関連製品やセキュリティ製品といったパソコン関連製品の開発・販売を行っている会社です。売り手のフォースメディアは、ネットワークストレージ・監視カメラを国外から仕入れる商社です。

本事例のM&Aは、エレコムの総合力と専門的の向上によるグループ内の売上拡大を図る一環で行われました。本事例のM&Aスキームは、株式譲渡により実施されました。

フォースメディアの株式の取得(子会社化)に関するお知らせ

サンテレホンによるSOECOのM&A

続いて紹介するM&A事例は、サンテレホンによるSOECOの買収事例です。

買い手のサンテレホンは、情報通信機器・部品の卸販売・輸出入情報通信端末装置の開発をしている会社です。売り手のSOECOは、ベトナムでオフィス機器事業とセキュリティ事業をしている会社です。

本事例のM&Aは、双方の事業の親和性によるシナジー効果が期待されて実施されました。M&Aスキームは、株式譲渡により行われました。

当社連結子会社による株式取得(孫会社化)に関するお知らせ

電響社によるサンノートのM&A

最後に紹介するM&A事例は、電響社による2018年10月のサンノートの買収事例です。

買い手の電響社は、電気機器・音響通信機器・季節商品・健康商品などさまざまな商品の企画・販売を行う会社です。売り手のサンノートは、文房具メーカーとして事業を行っています。

本事例のM&Aは、電響社の文房具事業の強化と消費者ニーズ・ノウハウの共有・仕入れコストの削減といった目的で実施されました。本事例のM&Aスキームは、株式譲渡です。

電気機械器具卸業界のM&A実施の際の注意点

電気機械器具卸業界のM&Aにおける注意点を解説します。

M&Aはここまで解説してきたように、自社にさまざなメリットをもたらす魅力的な経営戦略です。しかし、M&A実施の際にはいくつかの注意点を押さえながら動向・準備をしないと、失敗するリスクがあります。

M&Aの目的を明確にする

まずは、M&Aの目的を明確にしましょう。

M&Aの目的として、後継者問題の解決・売却利益の獲得・ノウハウや従業員の獲得など、企業によってさまざまです。これらの目的を明確化していないと、M&Aを実施することそのものが目的となってしまう可能性があり、これは典型的なM&A失敗のケースに該当します。

自社の目的を明確にすれば、どのような相手が自社に利益をもたらすか、どのような要素が必要か、といった部分が見えてきます。M&Aの目的の明確化は必ず実行しましょう。

最適なM&Aスキームの選択

自社にとって最適なM&Aスキームを選択することも重要です。

本記事では、株式譲渡・事業譲渡の2種類のM&Aスキームを紹介しましたが、これ以外にも多くののスキームが存在します。それらはすべて長所もあれば短所もあるため、会社が求める将来像や利益に応じて、最適なM&Aスキームを選ぶ必要があります。

M&Aスキームの相談は、M&Aの専門家に相談しながら決めると確実です。

M&Aの譲渡先の選定

M&Aによる譲渡先の選定は、慎重に行いましょう。

先述した自社が明確化したM&Aの目的が実現できる相手なのかを、慎重に検討する必要があります。M&Aは失敗すれば、コストやお金が無駄になるだけでなく、会社の存続にも影響を及ぼします。

M&Aの専門家に相談しながら、交渉相手の選出を慎重に行いましょう。

譲れないポイントを明確にする

M&Aにおいては、ここだけは譲れないポイントを明確にする必要があります。

理由として、M&Aは相手方との交渉のもと、進めていきますが、ときには条件の妥協の判断をしなくてはなりません。自社がM&Aの目的を達成するために必要なポイントを押さえておかないと、交渉の中で自社へ利益をもたらす要素がなくなる可能性があります。

従って、譲れないポイントを決めたら、交渉の中でその部分に条件交渉されても揺らがずに譲らない姿勢を見せましょう。

M&Aの専門家への相談

ここまで何度も記載していますが、「M&Aの専門家に相談する」ことがM&Aの成功のためには重要です。

M&Aは専門性が問われる内容です。税務・財務・法務といった専門知識や、自社の目的に見合った交渉相手のリストアップなど、さまざまな準備・知識が必要となります。

それらをすべて網羅しているM&Aの専門家に相談すれば、M&Aの準備を進める中で困ることがあってもすぐに解決できるでしょう。M&Aの失敗をさけた動向を示してくれるため、非常に安心感があります。

電気機械器具卸業界のM&Aは専門家に相談しよう

電気機械器具卸業界のM&Aは、専門家に相談しましょう。

M&Aの専門家に相談する際は、電気機械器具卸業界に特化した相談先を選択し、その中で複数の無料相談を実施して頼れる担当者や仲介会社を見つけ出すことが重要です。

M&Aの相談先をリストアップして、費用対効果が最も高い相手を選択しましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&Aファイナンシャル

M&A・事業承継については専門性の高いM&AアドバイザーがいるM&Aファイナンシャルにご相談ください。

M&Aファイナンシャルが選ばれる4つの理由

①譲渡企業様完全成功報酬制で成約まで一切費用がかからない
②業界特化の高い専門性
③最短49日、平均約半年のスピード成約
④マッチング専門部署による高いマッチング力
>>M&Aファイナンシャルの強みの詳細はこちら

M&Aファイナンシャルは、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
無料で相談可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>無料でのお問い合わせはこちら

関連記事

金属製品業界のM&A動向や売却・買収事例を紹介!M&A時のポイントも解説!

業界別M&A情報

金属製品業界のM&A動向や売却・買収事例を紹介!M&A時のポイントも解説!

金属製品業界では、後継者不在の解決や技術の獲得を目指すためのM&Aが顕著です。当記事では、業界動向やメリット、売却価格相場の算出方法や過去事例を交えながら、金属製品業界のM&A動向を詳しく解説します。M&A実施時のポイントやM&A案件も紹介します。

業務用・産業用機械製造業のM&A動向や売却・買収事例を解説!実施のメリットは?

業界別M&A情報

業務用・産業用機械製造業のM&A動向や売却・買収事例を解説!実施のメリットは?

業務用・産業用機械製造業界では、海外進出を目指すM&A動向や、AI・IoT関連のM&A動向が活発です。当記事では、業界のM&A動向やメリット、売却・買収事例に触れながら、業務用・産業用機械製造業界のM&A事情を解説します。業界内のM&A案件も一緒に紹介します。

居酒屋・バーのM&Aを解説!業界動向や成功事例・メリット・デメリットは?

業界別M&A情報

居酒屋・バーのM&Aを解説!業界動向や成功事例・メリット・デメリットは?

居酒屋・バーのM&Aについて徹底解説!業界の最新動向、注目の成功事例、居酒屋・バーのM&Aを行う際のメリットとデメリットを深堀りします。おすすめの相談先も含め、戦略的な視点からM&Aの効果的な利用方法とその実際の影響について詳しく説明します。

重機・造船・プラント業界のM&Aとは?動向・売却・買収事例を詳しく解説!

業界別M&A情報

重機・造船・プラント業界のM&Aとは?動向・売却・買収事例を詳しく解説!

近年急速的に進行している少子高齢化の動向に伴う後継者不在や労働力不足を解消するため、重機・造船・プラント業界では事業継続のためのM&Aが盛んです。本記事では重機・造船・プラント業界のM&A動向、売却・買収事例を詳しく解説します。

英会話スクールにおけるM&Aとは?業界動向から売却・買収事例まで徹底解説!

業界別M&A情報

英会話スクールにおけるM&Aとは?業界動向から売却・買収事例まで徹底解説!

新型コロナウィルスの影響により、英会話スクールの市場規模は一時的に減少しましたが、現在は市場規模が回復・拡大し、新規顧客獲得のためのM&Aも盛んになっています。本記事では、英会話スクールにおけるM&Aの概要や、業界動向から売却・買収事例まで徹底解説します。

紙製品・パルプ製造業界のM&Aを徹底解説!業界動向・売却・買収事例は?

業界別M&A情報

紙製品・パルプ製造業界のM&Aを徹底解説!業界動向・売却・買収事例は?

紙製品・パルプ製造業界のM&Aを徹底解説!最新の紙製品・パルプ製造業界の動向、売却と買収の戦略的アプローチ、および具体的な事例を詳細に紹介。成功に導くキーポイントを提供します。また、M&Aのプロセス、市場の機会、リスク管理についても説明します。

鉄骨工事会社のM&Aの売却事例をチェック!注意点や相場の金額は?

業界別M&A情報

鉄骨工事会社のM&Aの売却事例をチェック!注意点や相場の金額は?

鉄骨工事会社は、将来予想される需要減少や競争の激化、後継者問題に対処すべく多くの企業でM&Aが行われています。本記事では、鉄骨工事会社が過去に実施したM&Aの売却・買収事例に触れながら、業界内のM&A事情について解説します。

施工管理会社のM&Aを徹底解説!業界動向や事例・メリットは?

業界別M&A情報

施工管理会社のM&Aを徹底解説!業界動向や事例・メリットは?

施工管理会社のM&Aを解説します。施工管理業界ではM&Aの需要が高まっており、実際にM&A件数が増加傾向にあります。自社の状況と業界の動向を比較しながら、M&Aの実施を検討することが重要です。今回は施工管理業界のM&A概要と、事例・メリットを解説します。

システム開発会社のM&Aを徹底解説!業界動向や成功事例・メリットは?

業界別M&A情報

システム開発会社のM&Aを徹底解説!業界動向や成功事例・メリットは?

システム開発業界では近年、M&Aが盛んに行われています。システム開発の内製化や人材不足を解決する手段として、多くの企業でM&Aが活用されています。そこで今回は、システム開発の業種動向や成功事例、メリットについて解説しましょう。

産業廃棄物処理・環境関連業界のM&Aの動向は?事例から相場・注意点まで解説!

業界別M&A情報

産業廃棄物処理・環境関連業界のM&Aの動向は?事例から相場・注意点まで解説!

産業廃棄物処理・環境関連業界のM&A実施件数が増加しています。既存の産業廃棄物処理・環境関連業界の事業者を買収する新規参入企業が多い傾向にあります。本記事では、同業界のM&Aの動向や過去の事例、注意点などについて解説しましょう。

関連するキーワード

業界別M&A情報の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード