システム開発会社のM&Aを徹底解説!業界動向や成功事例・メリットは?

システム開発業界では近年、M&Aが盛んに行われています。システム開発の内製化や人材不足を解決する手段として、多くの企業でM&Aが活用されています。そこで今回は、システム開発の業種動向や成功事例、メリットについて解説しましょう。

目次

  1. システム開発のM&Aの業界動向
  2. システム開発のM&Aの売却・買収相場
  3. システム開発のM&Aのメリットとデメリット
  4. システム開発のM&Aの流れ
  5. システム開発のM&A・売却・買収事例
  6. システム開発でM&Aを成功させるポイント
  7. システム開発でM&Aを行う際の留意点
  8. システム開発のM&Aは専門家へ依頼しよう!

システム開発のM&Aの業界動向

システム開発業界の概要やM&Aの動向を解説します。

システム開発の特色

システム開発とは、業務の効率化や新サービス提供を行う職種です。 

システムエンジニアやプログラマーと呼ばれる方々がシステム開発に携わっており、WEBサイトの構築やプログラムを組むといった業務をこなします。

システム開発のM&Aの現状と動向

システム開発の現状・動向は、以下のものが挙げられます。

  • 需要増加に伴う人材不足
  • システム開発の内製化
  • クラウドサービス普及による競争激化・単価下落

近年、需要が増加しているシステム開発ですが、IT企業における入職者は退職者を下回っている傾向にあり、IT人材は今後減少に向かうと予想されています。

業務改善や業務効率の観点で、外部にシステムを外注して運用するだけで問題はありませんでした。しかし、時代が進むにつれて新しいデジタル技術の登場や組織・企業の革新の観点で、さまざまな企業でスピード・柔軟性が求められるようになりました。そのような背景から、システムの内製化が進んでいます。

クラウドサービスを利用したシステムも多く登場しています。クラウドサービスの普及により、従来のシステム開発の競争激化や単価下落の問題も生じるでしょう。

システム開発の今後の課題

システム開発の今後の課題は、以下のとおりです。

  • 人材不足の対処
  • デジタル化の遅さ
  • 国際的な競争激化

少子高齢化に伴い、今後IT人材の主軸である若者の人口減少が見込まれます。システム開発部が存在する企業では、人材獲得に力を入れなくてはなりません。

古いシステムを延々と使用し続け、デジタル化が遅れている企業の多さも課題の1つです。古いシステムは使用する企業が減り、対応できる人材も少ないことから改修・維持費が高止まりしています。新しいデジタルシステムの導入は多額の費用が必要であることから、新システム導入に踏み切らない企業が数多く存在するでしょう。

IT・システム分野は、国内のみならず国外にも数多くの企業が存在し、IT需要は日々増加しています。良いシステムは国内外の製品を問わずに使用されるため、今後、国際的に勝ち上がる競争力が必要となります。

システム開発のM&Aの売却・買収相場

システム開発M&Aの費用相場を解説します。

買収相場

買収相場はM&Aの内容によって異なるため、一概に把握することは困難です。

ほとんどの企業もシステム開発・ITの人材不足問題を抱えていることに加え、企業ごとのさまざまな問題を抱えていることから、参考にできるM&Aの買収価格はそう多くありません。

売却側の企業もM&Aによって解決したい問題が異なるため、当然売値にばらつきがあります。

自社の目的を達成できそうな企業には、投資を惜しまないことがポイントです。人材不足の解決・新技術獲得の目的達成のために高い価格でM&A実施を検討する企業は多いため、相場を気にしてなるべく安い金額で買収しようとすると交渉相手がいなくなる恐れがあります。

売却相場

結論として、システム開発業界の売却相場はこれくらいとまとめることは困難です。

M&Aで会社や事業を売却する際には、会社の規模・保有資産・営業利益などさまざまな観点で自社を評価します。同規模の他企業と比較しようとしても、それぞれの内情は全く異なるため、参考にできる金額や相場が少ないのが実情です。

過去に実施されたM&A事例には取引金額が公表されている場合があります。同規模会社の取引価格について、M&Aの専門家に相談したりM&Aマッチングサイトの案件を確認したりして、相場把握の参考にできる情報を収集しましょう。

システム開発のM&Aのメリットとデメリット

システム開発のM&Aにおけるメリット・デメリットを買い手・売り手目線で、それぞれ解説します。

メリット

売り手側

  • 事業承継が可能
  • 売却益の獲得が可能
  • 人材育成の質が向上する

以上の内容がM&Aにおける売り手のメリットです。

人材不足が著しいシステム開発業界では、後継者不足問題を抱える企業が数多く存在します。M&Aは後継者不足の解決ができるメリットがあるため、多くの企業に活用されています。

システム開発事業を売却することで、売却益を獲得できるでしょう。売却益で新しい事業を始めたり、経営者が引退した後の生活資金として活用できたりします。

大手企業の傘下に入ることで、材育成の質が向上する点も大きなメリットです。大手企業ではシステムエンジニア・プログラマーの育成に力を入れていることが多いため、その恩恵を受けられます。

買い手側

  • 人材獲得ができる
  • システム開発を自社に取り込める
  • 短期間での事業成長が見込める

以上の内容がM&Aにおける買い手のメリットです。

M&Aは事業以外にも事業に従事する人材も獲得できるため、人手不足問題の解決法としてM&Aが活用されています。

自社にシステム開発が存在しない場合、M&Aでシステム開発事業を取り込むことが可能です。システムの内製化が進む現代にマッチしたフレームワークといえます。

システム開発の事業を始める際にM&Aで既存事業を取り込めば、素早い事業成長が見込めます。ITへの参入はゼロから始めていては、乗り遅れたり失敗したりするケースがあるでしょう。しかし、既存事業を取り込むことでリスクを抑えて、システム開発を開始できるメリットがあります。

デメリット

売り手側

  • 顧客・従業員の反発が想定される
  • 買収先が見つからない可能性がある

以上がM&Aにおける売り手のデメリットです。

M&Aで大手企業の傘下に入る場合、雇用形態や顧客との取引金額がグループ内で統一されます。従来の雇用に満足していた従業員や、取引金額が値上げする顧客から反発を受ける可能性が想定されます。M&Aの実施前に従業員や顧客とのやりとりをすることがポイントです。

自社の目的を達成できる買収先が見つからないリスクも存在します。M&Aは相手がいて成り立つため、相手から魅力的に思われないと交渉自体できず、M&Aそのものができない可能性があります。M&Aの専門家に相談し、自社に見合った交渉相手をリストアップしてもらうことで、理想な交渉相手が見つかる可能性が高まるでしょう。

買い手側

  • 従業員が退職する可能性がある
  • M&Aに期待した効果を得られない可能性がある

以上がM&Aにおける買い手のデメリットです。

新たな従業員を取り込んでも、自社の雇用形態に満足しなければ、従業員が退職する可能性があります。M&A実施前に相手の雇用形態を確認し、自社に来たときに満足のいく雇用を準備できるかがポイントです。

M&Aを実施したからといって、期待していたシナジー効果が生じない場合があります。期待していた効果が生じないと取り込んだ事業の運営費用がかさみ、利益低下に繋がる可能性があります。

システム開発のM&Aの流れ

システム開発のM&Aの流れを解説します。

M&Aを実施する際の動向を確立させる参考としましょう。

M&Aの選定・交渉

最初は、M&Aの交渉相手を選定します。

交渉相手を選定する前に買い手・売り手ともにM&Aの専門家に相談し、自社の目的達成のための準備を行いましょう。

買い手側はM&Aで買収した後の組織体制、事業成長を想定しながら自社に必要な要素を検討します。M&Aスキーム(手法)も、専門家と検討を重ねるでしょう。

売り手側は、事業売却の目的を明確化し、売却時期・従業員や役員の待遇・売却後のビジョンについて、計画を立てます。自社の強みや弱みを明確にして、交渉の際に適切にアピールできるように準備を進めます。

基本合意の締結

交渉相手が決まると、トップ面談と呼ばれる経営者同士の面談が行われます。トップ面談後、交渉を進める流れとなったら、基本合意の締結をします。

基本合意とは、スケジュール・M&Aスキーム・取引条件などの合意をする行程です。仮契約のような状態をいいます。

デューデリジェンス

基本合意後は、デューデリジェンスと呼ばれる売り手企業の内部調査が実施されます。デューデリジェンスをもって、M&Aの最終契約へ進みます。

デューデリジェンスでは、以下の内容の調査です。

  • 簿外債務
  • 社内トラブル
  • 税務・法務・会計の実態

デューデリジェンスは専門家が介入し、上記の内容を調査することで取引価格の適正やM&Aの実施の有無を判断します。

買い手企業はデューデリジェンスを念入りに実施し、買収後に想定外のトラブルがないようにします。

最終条件交渉

デューデリジェンスの結果をもって、最終契約交渉を進めます。最終契約は基本合意と違い、法的拘束力があります。双方とも慎重に交渉を進める必要があるでしょう。

最終契約締結

取引金額・表明保証・保証条項・解除条件などのさまざまな項目の交渉が済むと、最終契約が締結されます。

この時点で当初のM&A計画とかけ離れている場合、M&A交渉をストップする判断も重要です。

クロージング

最終契約締結後、クロージングと呼ばれる人材・金・重要物などを移動させるフローになります。

クロージングをもって、M&Aは実施完了となります。クロージング当日は混乱するため、事前にクロージングの計画書を用意し、当日の動向を想定しておくことが重要です。

システム開発のM&A・売却・買収事例

システム開発のM&A事例を解説します。

システム開発事業の売却を検討していたり、自社に導入を検討していたりする際の参考にしましょう。今後のM&A動向を検討する材料にも活用できます。

複合研ディーエル×ティー・シー・エス

まず紹介するM&A事例は、複合研ディーエルとティー・シー・エスの事例です。

複合研複合研ディーエルは、OCR入力支援システムの開発・販売事業をしています。ティー・シー・エスは、ITコンサルやシステム開発、インフラ構築といった事業をしています。

複合研ディーエルの後継者不足問題の解決に向け、事業引継ぎ支援センターでティー・シー・エスとマッチングしました。ティー・シー・エスとしては、OCR事業への参入というシナジー効果を期待した側面があります。

サンロフト×S’PLANT

続いて紹介するM&A事例は、サンロフトとS’PLANTの事例です。

サンロフトは、WEB政策・マーケティング支援・クラウドサービス導入や水産関連企業向けのシステム受託サービスを展開しています。S’PLANTは、水産業や生産業向けのシステム受託や導入コンサルをしています。

今回のM&A事例は、両者の事業を統合することで品質向上を目指し、クラウド化やDXで拡大した顧客ニーズを満たす目的で実施されました。

シーアイエス×フィニティ

3つ目に紹介するM&A事例は、シーアイエスとフィニティの事例です。

シーアイエスは、東海地区企業向けのシステム基盤構築やシステム導入支援をしています。フィニティは、東海地区の大手・中堅企業に向けて基幹業務システムの開発をしています。

今回のM&Aは、双方の開発力を掛け合わせることで幅広い顧客の対応を目指し、老朽したシステムの再構築のために実施されました。

ベーシックキャピタルマネジメント×中央システム

4つ目に紹介するM&A事例は、ベーシックキャピタルマネジメントと中央システムの事例です。

ベーシックキャピタルマネジメントは、中小企業を対象に投資ファンドを手掛けています。中央システムは、業務アプリ開発・運用管理ソリューションを手掛けています。

今回のM&Aは中央システムの親会社であるTISが、事業集中のために中央システムを売却した形になりました。

方正×インテック武漢

5つ目に紹介する事例は、方正とインテック武漢の事例です。

方正は、越境ECプラットフォーム・決済サービスを手掛けています。インテック武漢は、管理系のソフトウェアの設計・開発を手掛けています。

今回のM&Aは、方正の事業規模拡大・事業領域拡大の目的で実施されました。

クラウドワークス×電縁

6つ目に紹介するM&A事例は、クラウドワークスと電緑の事例です。

クラウドワークスは、クラウドソーシングサービスを手掛けています。電緑は、通信業や自治体向けシステム開発を行っています。

今回のM&Aは、クラウドワークスの事業展開や、個人に届ける報酬の最大化する目的で実施されました。

TDCソフト×八木ビジネスコンサルタント

7つ目に紹介するM&A事例は、TDCソフトと八木ビジネスコンサルタントの事例です。

TDCソフトは、金融・製造・流通・公官庁のシステム開発を手掛けています。

八木ビジネスコンサルタントは、大手ソフトウェアの企業SAP社におけるERPパッケージの導入事業をしています。TDCソフトは、新世代型のシステム会社へ進化する目的を達成することを当面の目標としています。そこで、SAP製品の導入済み企業における新パッケージへの移行ニーズに応えるため、八木ビジネスコンサルタントの技術獲得を目指しました。

CEホールディングス×システム情報パートナー

8つ目に紹介する事例は、CEホールディングスとシステム情報パートナーの事例です。

CEホールディングスは、電子カルテシステム開発をする事業です。システム情報パートナーは、医療システム開発事業をしています。

今回の事例は、CEホールディングスの医療関係とのさらなる関係構築と、価値の高い製品提供・開発を目的に実施されました。

野村総合研究所×ASG Group Limited

9つ目に紹介する事例は、野村総合研究所とASG Group Limitedの事例です。

野村総合研究所は、日本のITコンサルとシステム開発事業を展開しています。ASG Group Limitedは、オーストラリアでクラウド型の業務システムや経営データ分析システムのマネジメント事業をしています。

今回の事例は、野村総合研究所がオーストラリアでの顧客獲得や経営基盤獲得を目指し、自社技術とASG Group Limitedのシナジーによる事業成長に期待したものです。

富士通×日揮情報システム

最後に紹介するM&A事例は、富士通と日揮情報システムの事例です。

富士通は、DXパートナーとして新たなサービス・製品・技術を発信する事業です。日揮情報システムは、日揮の情報システム部門を経営しており、日揮グループの情報インフラ・公官庁のシステム開発をしています。

今回の事例は、日揮情報システムの事業強化と富士通の日揮グループに対するビジネス拡大の目的で実施されました。

システム開発でM&Aを成功させるポイント

システム開発のM&Aを成功させるためのポイントを解説します。

M&Aはポイントを抑えて準備・実施しないと、失敗するおそれがあります。ポイントを抑えた動向を確立させて、M&Aを成功させましょう。

M&Aのタイミングを見誤らない

M&A成功にはタイミングが重要です。

M&Aは業界特有の性質や経済動向など、さまざまな観点から適切なタイミングが見極められます。適切なタイミングであれば、買い手が見つかりやすかったり、取引価格を高く設定して売却できたりします。

あらかじめM&A仲介会社やマッチングサイトに登録し、専門家からタイミングのアドバイスを受けましょう。早めに行動しないと、良い価格で良い交渉相手とのM&A交渉を逃し、M&A成功どころか実施までたどり着けません。

シナジー効果が期待できる企業に売却する

M&A実施の際は、買収先とのシナジー効果が期待できる相手を選ぶことが成功のポイントです。

シナジー効果をもたらす相手とM&Aができれば、従来よりも大きい利益や技術力を獲得できます。

大手企業だから安心ということはありません。自社の技術・ノウハウ・顧客・エリアは、他社のこういう事業や設備があれば強化・顧客満足度上昇ができるといった、具体的な検討をしましょう。どのような事業や交渉相手であれば、シナジー効果をもたらすかどうか検討できれば、M&A成功に近づきます。

税金対策をしっかりと行う

M&Aには、税金問題がつきものです。

M&Aスキームによって、発生する税金や負担する人物が異なります。M&Aの実施の際には、買い手側・売り手側双方に税務の知識が必要となり、M&Aの専門家に税務面でのサポートを求めなくてなりません。自社に顧問弁護士や会計士がいる場合は、顧問に相談し、税金について理解しておきましょう。

税金負担の有無も含めた、資金繰りの動向を検討することも重要です。

相場を把握する

相場の把握は困難と先述しました。しかし、自社の規模に近い企業を参考にしたり、M&Aの事例を参考にしたりしてある程度の相場を知っておくことが、M&Aの成功に向けたポイントです。

相場を知らずに売却金額を検討すると、低い金額で売却してしまい損をする可能性があります。M&Aの専門家と自社の評価を行い、相場とかけ離れない価格で取引をすることが成功のためのポイントです。

実績や経験が豊富なM&A仲介会社を選ぶ

実績・経験が豊富なM&A仲介会社を選択することも、M&A成功のポイントです。

M&Aには、自社に見合った交渉相手のリストアップに加え、税務・法務・会計といった専門知識も必要になります。実績・経験がある仲介会社であれば、より自社の目的を達成できる相手を選択したり、いざというときに専門知識のアドバイスをもらえたりします。

M&Aは、専門家が主軸となり今後の動向や目的、実施を進めましょう。

M&A成功をさまざまな観点でサポートする観点から、経験・実績が豊富な仲介会社に依頼することはメリットしかありません。

システム開発でM&Aを行う際の留意点

システム開発でM&Aを行う際の留意点を解説します。先述した成功のためのポイントと併せて、M&Aの動向を確立させましょう。

デューデリジェンスは入念に行う

買い手側は、デューデリジェンスを入念に行う必要があります。

デューデリジェンスでは、売り手側の企業監査を行います。しかし、社内トラブルや簿外債務を見落としてしまうと、買収後に想定していないトラブルに発展する可能性があるでしょう。

売り手側もトラブルにつながりかねない情報は、包み隠さずに申告すべきです。リスクを隠していることが発覚した場合、交渉相手からの信用を一気に失う恐れがあります。

M&A成功には、双方の協力意識が重要です。

情報漏えいには十分に注意する

交渉の際には、情報漏えいを防止するために秘密保持契約を締結しましょう。

情報漏えいがあると周囲からの信用を失うため、自社のブランド力に悪影響を与えかねません。最悪の場合、顧客と関係を破棄されたり、従業員が退職したりするリスクがあります。

情報漏えいは相手との交渉以外にも、社内で起こりうる可能性があります。社内でM&Aの話し合いをする場合は、従業員や役員ではない人物は介入させず、役員・関係者のみで行うといった工夫が必要です。

経営者は、交渉をM&Aの専門家に任せっぱなしにはせず、社内外で常に情報漏えいリスクを警戒しなくてはなりません。

適正価格で取引を行う

M&Aの価格は、双方の利害が一致する価格に設定する必要があります。

相手方に価格を提示する際は、自社の強み・弱み・買収した際のメリットなどで根拠を具体的にする必要があります。M&Aの専門家に相談し、適切な自社評価を算出してもらうことも重要です。

双方が納得できるような取引価格の設定を目指しましょう。

システム開発のM&Aは専門家へ依頼しよう!

システム開発のM&Aの成功を目指すには、専門家に相談しましょう。

M&Aは専門性が高く、経営者一人で準備・実施することは困難です。M&Aの専門家であれば、M&Aの目的や動向やそのための準備、実施に向けたプロセスについてアドバイスできます。税務・法務・会計といった知識も網羅しているため、専門分野の相談もできます。

まずは、システム開発事業に特化したM&Aの専門家を探しましょう。相談先によって、無料相談を実施している事務所が存在します。

M&Aを少しでも検討している、成功のためにサポートを受けたい企業は、迷わずM&Aの専門家へ相談しましょう。

M&A・事業承継のご相談ならM&Aファイナンシャル

M&A・事業承継については専門性の高いM&AアドバイザーがいるM&Aファイナンシャルにご相談ください。

M&Aファイナンシャルが選ばれる4つの理由

①譲渡企業様完全成功報酬制で成約まで一切費用がかからない
②業界特化の高い専門性
③最短49日、平均約半年のスピード成約
④マッチング専門部署による高いマッチング力
>>M&Aファイナンシャルの強みの詳細はこちら

M&Aファイナンシャルは、成約するまで無料の「譲渡企業様完全成功報酬制」のM&A仲介会社です。
無料で相談可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

>>無料でのお問い合わせはこちら

関連記事

サイト売買の相場はどれくらい?高値で売る方法・注意すべきポイントも解説!

業界別M&A情報

サイト売買の相場はどれくらい?高値で売る方法・注意すべきポイントも解説!

サイト売買の相場を詳しく解説し、高値で売却するための具体的な方法や取引時の注意点を分かりやすく紹介します。市場の相場動向の把握、価格設定のコツ、取引のリスク管理などを網羅的に提供しましょう。サイト売買を検討している方に、必要な情報をまとめました。

金属製品業界のM&A動向や売却・買収事例を紹介!M&A時のポイントも解説!

業界別M&A情報

金属製品業界のM&A動向や売却・買収事例を紹介!M&A時のポイントも解説!

金属製品業界では、後継者不在の解決や技術の獲得を目指すためのM&Aが顕著です。本記事では、業界動向やメリット、売却価格相場の算出方法や過去事例を交えながら、金属製品業界のM&A動向を詳しく解説します。M&A実施時のポイントやM&A案件も紹介します。

業務用・産業用機械製造業のM&A動向や売却・買収事例を解説!実施のメリットは?

業界別M&A情報

業務用・産業用機械製造業のM&A動向や売却・買収事例を解説!実施のメリットは?

業務用・産業用機械製造業界では、海外進出を目指すM&A動向や、AI・IoT関連のM&A動向が活発です。本記事では、業界のM&A動向やメリット、売却・買収事例に触れながら、業務用・産業用機械製造業界のM&A事情を解説します。業界内のM&A案件も一緒に紹介します。

居酒屋・バーのM&Aを解説!業界動向や成功事例・メリット・デメリットは?

業界別M&A情報

居酒屋・バーのM&Aを解説!業界動向や成功事例・メリット・デメリットは?

居酒屋・バーのM&Aについて徹底解説!業界の最新動向、注目の成功事例、居酒屋・バーのM&Aを行う際のメリットとデメリットを深堀りします。おすすめの相談先も含め、戦略的な視点からM&Aの効果的な利用方法とその実際の影響を詳しく説明します。

重機・造船・プラント業界のM&Aとは?動向・売却・買収事例を詳しく解説!

業界別M&A情報

重機・造船・プラント業界のM&Aとは?動向・売却・買収事例を詳しく解説!

近年急速的に進行している少子高齢化の動向に伴う後継者不在や労働力不足を解消するため、重機・造船・プラント業界では事業継続のためのM&Aが盛んです。本記事では、重機・造船・プラント業界のM&A動向、売却・買収事例を詳しく解説します。

英会話スクールにおけるM&Aとは?業界動向から売却・買収事例まで徹底解説!

業界別M&A情報

英会話スクールにおけるM&Aとは?業界動向から売却・買収事例まで徹底解説!

新型コロナウィルスの影響により、英会話スクールの市場規模は一時的に減少しました。しかし、現在は市場規模が回復・拡大し、新規顧客獲得のためのM&Aも盛んになっています。本記事では、英会話スクールにおけるM&Aの概要や業界動向から売却・買収事例まで解説します。

紙製品・パルプ製造業界のM&Aを徹底解説!業界動向・売却・買収事例は?

業界別M&A情報

紙製品・パルプ製造業界のM&Aを徹底解説!業界動向・売却・買収事例は?

紙製品・パルプ製造業界のM&Aを徹底解説します。最新の紙製品・パルプ製造業界の動向、売却と買収の戦略的アプローチ、および具体的な事例を詳細に紹介します。成功に導くキーポイントをはじめ、M&Aのプロセス、市場の機会、リスク管理も説明しましょう。

鉄骨工事会社のM&Aの売却事例をチェック!注意点や相場の金額は?

業界別M&A情報

鉄骨工事会社のM&Aの売却事例をチェック!注意点や相場の金額は?

鉄骨工事会社は、将来予想される需要減少や競争の激化、後継者問題に対処すべく多くの企業でM&Aが行われています。本記事では、鉄骨工事会社が過去に実施したM&Aの売却・買収事例に触れながら、業界内のM&A事情について解説します。

施工管理会社のM&Aを徹底解説!業界動向や事例・メリットは?

業界別M&A情報

施工管理会社のM&Aを徹底解説!業界動向や事例・メリットは?

施工管理会社のM&Aを解説します。施工管理業界ではM&Aの需要が高まっており、実際にM&A件数が増加傾向にあります。自社の状況と業界の動向を比較しながら、M&Aの実施を検討することが重要です。今回は施工管理業界のM&A概要と、事例・メリットを解説します。

産業廃棄物処理・環境関連業界のM&Aの動向は?事例から相場・注意点まで解説!

業界別M&A情報

産業廃棄物処理・環境関連業界のM&Aの動向は?事例から相場・注意点まで解説!

産業廃棄物処理・環境関連業界のM&A実施件数が増加しています。既存の産業廃棄物処理・環境関連業界の事業者を買収する新規参入企業が多い傾向にあります。本記事では、同業界のM&Aの動向や過去の事例、注意点などについて解説しましょう。

関連するキーワード

業界別M&A情報の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード